pgtop

全国精麦工業協同組合連合会

ログイン
会員専用サイト
プライバシーポリシー
お問い合わせ
HOME

海外では?

アメリカ食品医薬品局「大麦(大麦食品)は、血中コレステロールを低下させ、冠状心疾患の危険を減らす」

2006年5月、アメリカ食品医薬品局(日本でいう厚生労働省)は、大麦食品が冠状心疾患(CHD)の危険を減らすという「健康強調表示(ヘルスクレーム)」を認めました。
全麦連では、大麦に多く含まれる食物繊維は、生活習慣病(血中コレステロールの低下や高脂血症・糖尿病)の予防に効果があり、「麦ごはんなら、無理なく継続して食物繊維が摂れます」とアピールしてきました。
このたびアメリカで、大麦が健康にとって素晴らしい食品であることが認められたことに意を強くしています。
みなさんもぜひ、ご家族の健康のため、手軽な「大麦ごはん食」を始めませんか。

アメリカ食品医薬品局の大麦食品に対する「健康強調表示」に関する詳細は
「大麦食品推進協議会」ホームページをご覧下さい。
http://www.oh-mugi.com/

大麦健康表示の実例

アメリカでは、大麦食品に健康強調表示(ヘルスクレーム)が認可されてから、 商品パッケージに健康機能を謳った表示が行われています。

大麦健康表示の実例

(アメリカ穀物協会資料より)

ページトップへ