pgtop

全国精麦工業協同組合連合会

ログイン
会員専用サイト
プライバシーポリシー
お問い合わせ
HOME

飼料としての大麦

飼料用の大麦は、現在流通している数量の概ね100%を、国が海外から輸入した原料でカバーされています。
飼料用大麦の流通に当たっては、変形加工することが国から義務づけられているため、単体用・配合用に加工しています。単体用については、圧ぺん(皮つき・皮むき)・ばん砕・ひき割の4つの加工形態があり、その大半が皮つき圧ぺんとなっています。大麦の畜種別利用は大家畜が中心で、特に肉用牛が主体となっています。

圧ぺん麦のできるまで

圧ぺん麦(皮つき・皮むき)は、政府が輸入した飼料用大麦を全麦連が買い受けて全麦連傘下工場で加工したものです。
製造方法は、皮つき圧ぺんは原料大麦に加熱蒸気を加え、ロール圧ぺん機によって加圧加工し、精選、乾燥して仕上げます。また、皮むき圧ぺんはとう精機によって一定量の外皮を取り除き、皮つきと同様の加工方法で仕上げます。

圧ぺん麦の製造工程

原料張込 精選 原料タンク
加熱蒸気圧ぺん 冷却・乾燥 製品タンク
計量包装 製品
ページトップへ

蒸気圧ぺんによる効果

加熱蒸気を加えて圧ぺんすることにより、次のように飼料効果がよりいっそう向上されます。

  • 加熱蒸気をかけると大麦でんぷんの一部がアルファ化され、非常に消化がよくなります。
  • 圧ぺんされた大麦は吸水性が高まり、酵素の作用を受けやすくなり、消化が促進されます。
  • 大麦の密度が小さく、表面積が広がり消化されやすくなり、家畜の嗜好性を高めます。
  • 加熱処理をしない大麦に比べ、飼料効率が著しく向上します。
  • 単なる物理的効果ばかりでなく、栄養価が高まります。

圧ぺん麦の特徴

高カロリー カロリーが高く、良質なたんぱく質
食べやすい 圧ぺん状のため採食が容易で家畜に好まれる
優れた消化吸収 アルファ化しているので消化吸収が極めてよい
インスタント飼料 煮たり湯づけしなくてもそのまま与えられる
スタミナがつく 体重増加、夏バテ、寒さまけによい
肉質向上 赤肉は緻密に、脂肪は白く硬くなる
保健機能 子牛、子豚の下痢予防、また繁殖障害の予防に最適
経済的 コクがあり優れた品質、エサ代が抑えられる
ページトップへ

圧ぺん麦の成分

(単位:%)

  成    分
水分 粗たんぱく
粗脂肪 可溶性
無窒素物
粗繊維 粗灰分 DCP TDN


皮つき
圧ぺん
11.8 10.6 2.1 68.8 4.4 2.3 7.6 74.1
皮むき
圧ぺん
13.2 10.7 2.2 69.8 2.3 1.8 7.7 75.2

(「日本標準飼料成分表」より)

ページトップへ

圧ぺん麦の利用法

◇肉牛

  1. 肥育の前期と中期には肉付きをよくするため、圧ぺん大麦を3~4割与え、たんぱく質に富むものを多く与えます。
  2. 肥育後期は肉の間に脂肪を交雑させるため、でんぷん質の多い圧ぺん大麦を5~6割与えます。

(単位:%)

配合例

  配    合
圧ぺん大麦 ふすま 米糠 大豆粕


前期 30 30 20 20
中期 40 30 15 15
後期 50 30 10 10

(元京都大学教授上坂博士)

◇乳用雄子牛

肥育に利用すると肉付きがよくなり、肉質が向上する等の優れた効果があり、飼料代を抑えられます。

◇乳牛

乳質を向上させ、たんぱく質過剰による繁殖障害を予防し、治療にも極めて効果があります。

◇肉豚

育成、肥育の時期に応じて増量して与えると、増体、肉質、脂肪の向上に優れた効果があります。

(単位:%)

配合例

  配    合
圧ぺん大麦 ふすま 脱脂米糠 でんぷん粕 大豆粕 魚粕


第1期
(生後90日~40kg)
10 40 15 20 10 5
第2期
(40~70kg)
20 30 15 25 5 5
第3期
(70~100kg)
30 20 15 30 - 5

(元岩手大学教授丹羽博士)

ページトップへ

政府操作飼料の流通経路

単体用大麦
ページトップへ